新着情報

大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会

  • 中津城(奥平家歴史資料館)

     黒田、細川、小笠原、奥平氏とつづく居城跡。 中津城は、豊臣秀吉より豊前6郡を拝領した黒田孝高(如水)が山国川(当時高瀬川)河口の地に築城したのが始まり...
    2014年11月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 杵築城

     木付頼直が応永元(1394)年に木付城として築城。慶長5(1600)年の九州の関ヶ原「石垣原の戦い」の前哨戦で、木付城は大友軍の猛攻に落城寸前でしたが...
    2014年10月16日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 豊前国の官兵衛を知る~「黒田官兵衛資料館」1月19日(日)開館!~

     平成25年1月19日(日)、待望の「黒田官兵衛資料館」が、中津城天守閣のたもとに開館しました。 午前10時から開催した式典には、大河ドラマ「軍師官兵衛...
    2014年1月19日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 大友義統本陣跡

    大友義統が本陣を構えた場所。慶長 5 ( 1600)年 9月9日に浜脇浦に上陸した義統は、別府の扇状地を北に一望できるこの台地に陣を構えました。 9月1...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 実相寺山

    細川忠興の重臣松井康之が陣を構えた場所で、激戦が行われた慶長 5 ( 1600)年 9月13日の夜には、黒田官兵衛が着陣したと伝えられています。山頂から...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 孝高石(こうこういし)

     関ヶ原の戦いで徳川家康方(東軍)に与していた木付城が、大友軍から攻められることを予測していた黒田官兵衛は、その要害や防備などについて事前に見分し、細川...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 富来城跡(とみくじょうあと)

    弘長元( 1261 )年、冨来実忠により築城。富来氏は、大友氏に対し終始一貫して忠節を尽くしましたが、大友氏没落により流浪し、その後、垣見家純氏の居城と...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 安岐城跡

    安岐城跡は、眼下に安岐港を望む下原の大地上にあり、規模は約 13万平方メートル にも及びます。南北朝時代( 16 世紀中頃)に、大友氏の一族田原氏が安岐...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 高田城址

    石垣原の戦いにおいて、高田城主・竹中重利が傍観に徹することを懸念した黒田官兵衛は、兵を高田城へ向かわせました。これに恐れた竹中は長子を名代に200余りの...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 宇佐神宮

    全国 4万余社ある八幡社の総本宮です。天正 17 ( 1589 ) 年、黒田官兵衛は、豊後大友氏による焼き討ちなどで衰退していた宇佐神宮に対し、寄進する...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 広津城跡

    広津城は、吉畠町広津に位置する天仲寺山に昔存在した山城です。天正 15 ( 1587 )年、黒田長政は、黒田氏の豊前入国に強く反抗していた宇都宮氏をはじ...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 御神衣(八幡古表神社)

    中津城にほど近い八幡古表神社には、国指定重要文化財である木製の神様の人形「塊偶子(くぐつ) 47躰」 (有形民俗文化財)と、「細男舞・神相撲(くわしおの...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 芭蕉塚(ばしょうづか)

    官兵衛主従が求菩提山座主の豪貴法印と桜狩を楽しんだと考えられでいる山桜の名所。桜狩の歌もここで詠んだと思われます。九州で初めての桜の「花見」が行われたと...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 天徳寺

    宇都宮氏の菩提寺で正慶年間( 1332 年)五代頼房が開きました。本尊は釈迦如来で鎌倉時代の作です。また寺宝に後冷泉天皇より下賜された金銅「三足墓の香炉...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 宇都宮氏館跡

    江戸時代に書かれた「豊国紀行」や「城井谷絵図」では 「城井取手屋敷跡 」「城井鎮房の隠居の宅」と記述されています。館跡は 15Om × 120m の方形...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 城井ノ上城址(きいのこじょうし)

    『城井谷絵図』には「城井盾籠所」と書かれ、自然の巨岩の表門と裏門があります。周囲を岩壁に囲まれた地形で、村人などが避難のため籠る場所と思われます。三丁弓...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 萱切城跡

    天正15(1589)年10月、秀吉・官兵衛の統治を不満とする豊前の国人・土豪らが一揆を起こしましたが、その首班となる城井(宇都宮)鎮房が拠る城井谷を調略...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 松山城跡

    周防灘に半島状に突き出た山城。天正 14 ( 1586 )年、小倉城を落とした黒田官兵衛と毛利勢は松山城に陣取り、宇留津城などを攻めました。また、慶長 ...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 馬ヶ岳城跡

    京都平野を眼下に一望する豊前の要衛。天正 15 ( 1587 ) 年豊臣秀吉は九州平定のため九州に上陸し、 3 月 29 日に馬ケ岳城に入り 2 泊しま...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 神楽山城跡

      みやこ町犀川木井馬場にある里山・神楽山(標高 272m ) の山頂一帯に在る山城で、官兵衛の宿敵・城井宇都宮氏の初代信房が九州定着にあたり本拠とした...
    2013年12月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 池永城跡

    城屋敷という字が残ります。  天正15年(1587年)12月、薦神社大宮司であった池永重則が黒田氏に叛旗し、薦神社官らが攻防を繰り広げ落城したと伝えられ...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 一ツ戸城跡

    一ツ戸の領主中間氏の居城跡。城主中間統胤は官兵衛の傘下に加わりました。 一ツ戸城は、豊後・筑後との国境に近かったため重要視され、中間氏はそのまま城番とし...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 犬丸城跡

    黒田氏に叛旗した犬丸越中守清俊の居城跡。天正15年(1587年)12月落城。清俊は秣氏を頼り敗走するも、黒田方についた秣大炊介によって討たれました。 住...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 扇城神社

    扇城神社には黒田氏に殺された宇都宮氏の従臣が祀られています。 城井神社と同じく宝永2年に小笠原長円が宇都宮氏の従臣を稲荷大明神として祀ったことが始まりで...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 大畑城跡

    黒田氏に叛旗した加来安芸守統直の居城跡。 黒田・吉川両軍に攻められ天正15年(1587年)12月落城。統直は大友氏を頼り敗走するも、途中秣氏の兵によって...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 城井神社

    中津城で黒田氏に謀殺された宇都宮鎮房は、この地に埋葬されました。 宝永2年(1705年)に中津藩主小笠原長円が宇都宮鎮房を「城井大権現」として、城の守護...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 合元寺

    天正15年(1587年)、黒田孝高に従って姫路から中津に移り住んだ浄土宗西山派、開山空誉上人が開基したと伝えられています。その後、天正17年(1589年...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 城井谷城

    1195年(建久6年)、源頼朝によって豊前守護職に任ぜられた宇都宮信房が築城し、豊前宇都宮氏の居城となりました。 後に宇都宮氏は城井氏と改名しましたが、...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 大法寺

    大石内蔵助が寄進した灯籠がある寺です。文禄3年(1594年)、大法院日周上人によって開山しました。 慶長5年(1600年)の建立。妙顕寺末日蓮宗一致派に...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 高森城跡

     宇佐市駅館川東側の台地に築かれた城で、空堀や土塁の跡が残っています。  黒田官兵衛の弟・黒田利高が城主となった城で、慶長5年(1600年)、官兵衛が豊...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 田丸城跡

    長久寺境内が城跡です。田丸城には福島佐渡守祐了が篭りました。 天正15年(1587年)12月に攻められると降伏・出家し、城を寺となしたといわれています。...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 土田城跡

    城主百富(留)河内守は黒田氏に従い、長岩城攻めに参陣しました。 住所 大分県中津市三光土田 URL http://www.city-nakatsu.jp...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 唐原古代山城跡

    7世紀に築かれた古代山城の列石です。官兵衛はここの石を持ち出し、中津城の石垣に使用しました。 住所 福岡県築上郡上毛町下唐原・土佐井
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 西蓮寺

    天正16年(1588年)に光心師によって開山。 光心師の俗名は、黒田市右衛門(いちえもん)であり、黒田官兵衛の末弟で、父・黒田美濃守職隆(みののかみもと...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 平田城跡

    白米城とよばれる城館跡です。 もとは野仲氏の支城でしたが、長岩城落城後、黒田二十四騎の一人栗山利安に旧領が与えられ、利安は平田城を居城としました。 黒田...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 秣城跡

    宇都宮氏の一族の秣氏の居城です。城主秣大炊介は黒田氏に従い、犬丸殿と加来殿を討ち取りました。 住所 大分県中津市三光上秣 URL http://www....
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • おかこい山

    外堀と中堀の城内側には、城下の守りをより強化するため、堀を掘った土を盛った「おかこい山」といわれる土塁が築かれました。細川時代には完成したと考えられてい...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 城下町

    旧中津城下町は、江戸時代に使われていた町名が現在でも残っています。特に東側に位置している「姫路町」、「京町」、「博多町(現在の古博多町)」は、黒田時代か...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 円応寺

    円応寺は、天正15年(1587年)、黒田孝高の開基、真誉見道上人の開山で黒田、細川、小笠原と各藩主に大切にされたお寺です。寺には、河童にまつわる話が残っ...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 長岩城址

     長岩城は、中津市耶馬溪町川原口にある山岳城で、下毛郡の支配者であった豪族野仲氏22代390年間の居城です。初代城主野仲重房が、建久9年(1198年)創...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 後藤又兵衛の墓

    戦国の武将後藤又兵衛は、永禄3年(1560年)播州(兵庫県南西部)で生まれ、父基国は同じ播磨の国、三木城主別所氏の家臣で、誠実果敢の重将でしたが、又兵衛...
    2013年10月1日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 山本登久の墓

    明治19年5月12日、九州で最も早い時期の献体解剖ではなかったかといわれています。地元の医師たちが執刀を行い、なんと9時間を要したと今も吉野に残る墓には...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 神尾家住宅

    1771年(明和8年)に建てられたもので、年代がはっきりしている民家としては九州最古の建物です。3つに折れ曲がった藁葺屋根や18畳の大広間、家の中にある...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 念仏橋

    魔林峡の上流に架けられた石橋です。昔から両岸の往来に困っていたため、明治10年(1877年)草本教順寺の上原宣正住職が私財を投じて木橋を架けました。しか...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 光円寺の格天井書画

    光円寺の開基は北山大納言実衝朝臣の次子、左中将俊季朝臣南北朝の時、乱を避けてこの地に隠棲しました。世人は北殿あるいは山浦殿と称していましたが、横山と姓を...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 羅漢寺橋

    名勝犬走りの上流約150mのあたりに、山国川の本流をまたいで全長89m、一つの脚経間が26.8mもの大きなアーチを持ち、雄大でしかもスマートな羅漢寺橋が...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 耶馬渓橋(オランダ橋)

    八連アーチ石造橋としてはわが国唯一のものです。山国川に架設され、その橋長は116mあります。青の洞門の近く、荒瀬井堰の下流にあり、名勝耶馬渓の景とあいま...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 長谷寺

    神亀元年(724年)の開山で西国2番札所の古刹です。長谷寺の秘伝で九州最古の飛鳥仏の銅造観音菩薩立像(国指定重要有形文化財)は、毎年4月20日に一般に開...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 箭山権現石舞台

    ふるさと回想館「八面山荘」下の林道を、西に500メートルほど入ったところにあります。畳152枚敷の大きさで、石舞台としては日本一の大きさを誇る巨石です。...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 八面山神護寺涅槃像

    八面山は古来山岳仏教の霊山とされていたことから、神護寺初代住職篠原覚瑞師が、昭和38年発願し、山麓に横たわる巨石岩座に釈迦入滅の姿を刻み、これを拝む人々...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 中津カトリック教会

    明治20年(1887年)、パリ外国宣教会のベレール神父が最初の洗礼を行い、中津小教区を設立しました。昭和13年(1938年)、現在の聖堂が建てられ、昭和...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 蓬莱園

    蓬莱観は、明治15年に建築された劇場で、当代きっての歌舞伎役者や有名な役者たちが続々興行をし、近隣はもとより大分、別府からも客足が途絶えなかったといいま...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 大江医家史料館

    大江医家史料館は、中津藩主の御典医であった大江家の旧宅を利用して開館しています。大江家は初代・大江玄仙以来、代々御典医を勤めた家柄で、「医は仁ならずの術...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 相原山首遺跡

    遺跡は、古代よりこの周辺をおさめてきた豪族達の累代墓です。中津市内最大級の円墳(5世紀)、古墳時代終末期(7世紀)の方墳、そして火葬墓(8世紀、9世紀)...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 長者屋敷官衙遺跡

    遺跡は、8世紀中~10世紀初めの、下毛郡衙(下毛郡役所)の正倉(税金としてのお米などを収納する倉庫群)跡と考えられています。中津市は、平成7年、8年、1...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 廣池千九郎中津記念館

    法学博士にして教育者、そして救済活動家。廣池千九郎は、明治から昭和へと流れる激動の時代を生きた偉人の一人です。廣池千九郎の生家である、江戸時代の農家がそ...
    2013年9月25日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 浄安寺

    寛永17年(1640年)、小笠原長次の祖父・小笠原貞慶の従弟・小笠原長継の菩提を弔うため、長男の小笠原政直が建立。正徳5年(1715年)9月、本堂と鐘楼...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 円龍寺

    円龍寺は、閻魔様のお寺として知られています。 円龍寺にある閻魔像は、檀家の武士が旅先で閻魔大王への懺悔と信仰によって、仏道に帰依したため、山国川河畔に造...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 羅漢寺

    荒々しい岩山、羅漢山の中腹に位置する羅漢寺は、大化元年(645)にインドの僧・法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことが始まりとされ、日本三大五百羅漢の...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 村上医家史料館

    村上医家は、初代宗伯が寛永17年(1640)諸町に医院を開業以来、現在に至るまで医家として継続し、数千点におよぶ医学関係やその他の資料がのこされています...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 福澤諭吉旧居・福澤記念館

    福澤諭吉旧居は、諭吉が長崎に遊学するまでの幼少青年期(19歳まで)を過ごした家です。自ら改造し勉学に励んだ土蔵も当時のまま残されており、時代をリードして...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 自性寺

    自性寺は奥平藩歴代の菩提寺です。1745年(延享 2年)、自性寺と改称します。 12世提洲和尚が、1764年(宝暦14年)、住職として赴任の途中、京より...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 薦神社

    別名大貞八幡宮と呼ばれ、全国八幡宮の総本宮「宇佐神宮」と深い関わりを持つ、承和年間(834-848年)創建の由緒ある古社です。社内にある三角池(御澄池)...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
  • 青の洞門

    大正8年に発表された菊池寛の短編小説「恩讐の彼方に」で一躍有名になった、禅海和尚が掘った洞門(トンネル)で、耶馬渓を代表する名勝である競秀峰の裾野に穿た...
    2013年9月24日 大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会